賃貸契約時に預けた敷金は、部屋を意図的に汚したりせずに規則通りに使っていれば退去時に全額返金してもらえます。

賃貸は大切に利用する事

賃貸は大切に利用する事
賃貸は大切に利用する事

賃貸の敷金を多く返してもらうには

賃貸を退去するときに敷金を多めに返してもらうには、普段から部屋をこまめに清掃して綺麗に使う事が大事です。敷金は退去時に「原状回復費」に充当されますが、「自然消耗」の場合の汚れや傷は、借り主の負担にはならない決まりがあります。たとえばベッドやタンスを置いたことによってついたカーペットのへこみや、太陽光で変色してしまった壁紙などは、借り主の責任ではないため、それで敷金が減額されることはないです。

ただし、借り主の責任となる汚れや傷などもあります。例えばカーペットについてしまったしょうゆやコーヒーなどの汚れ、たばこの焦げた跡などは、原状回復費として補修費用が請求される可能性があります。まだ、ドアノブが壊れていたり、窓ガラスが割れていたりしても、たとえ故意にやったものではないにしても借り主が修理費を負担することがほとんどです。お風呂やキッチンなどの水回りは、こまめに掃除をしていないと、水はけが悪くなって排水が詰まってしまうことがあります。この修理費もバカにはなりませんので、普段からちゃんと掃除をしておくことが大切です。退去するときに敷金が全額返ってくると思えば、ちょっとの手間も惜しくはないはずです。

オススメサイト