賃貸を借りるときに必要なのが連帯保証人です。最近は賃貸保証会社も沢山あり保証人がいない人でも賃貸が借りれます。

賃貸は大切に利用する事

賃貸は大切に利用する事
賃貸は大切に利用する事

連帯保証人と賃貸保証会社

借りたい賃貸アパートやマンションが見つかり、入居申込みをするときに必要になるのが連帯保証人です。連帯保証人は、賃貸の借り主の代わりとなって、家賃の滞納などを保証してくれる人です。ほとんどの賃貸住宅で、契約するときに連帯保証人が必要です。連帯保証人がいることで、大家さんは安心して借り主に賃貸アパートやマンションを貸す事ができます。連帯保証人は、一般的には借り主の両親のどちらかが、叔父や叔母、兄弟などがなります。いずれにしても仕事を持って一定の収入を得ている人であることが大前提となります。

条件に当てはまる人が親族にいない場合には、「賃貸保証会社」を利用するという方法もあります。賃貸保証会社は、決められた料金を支払うことで、保証人の役割を代行してくれる会社で、通常は家賃の一ヵ月分ほどを契約時に支払います。保証人がいない人に最適なサービスですが、賃貸保証会社は沢山あり、中には必要以上に高い料金を請求してくる会社もあるので、慎重に選ぶことが大事です。ちなみに賃貸保証会社を利用するときにも審査があります。過去に家賃滞納トラブルを起こしていたり、多額の借金があったりすると利用できないこともあります。

オススメサイト