賃貸物件を直接見学する時、ただ見るだけではなくて確認しておくべきポイントがいくつかあるのです。

賃貸は大切に利用する事

賃貸は大切に利用する事
賃貸は大切に利用する事

賃貸物件を直接見に行く時のポイント

まずは見に行く前に確認する事です。それはベッドなどの大きい家具の大きさを把握しておくという事です。計算上、置くことが出来たとしても例えばベッドならそこから降りる時にどうなるかなど余裕を持てるように把握しておきましょう。生活動線を考えてみるのもいいかもしれません。その中で特にロフトの物件は注意は必要です。なぜかというと梯子の周辺には物が置けないからです。ぱっと見る限りフロアを広く使えそうですが、実際に梯子で上り下りするためには梯子の周りは足場を安全に確保する必要があります。

次に大事なのが駅から物件までの時間です。よく書かれている徒歩何分は直線距離で80メートルを1分に換算していることが多いそうです。実際には信号があったり、細い道があったりすると書いてある以上の時間がかかることも実際はあります。自分の足で実際に歩いてみてどのくらい時間がかかるのか確認した方がよいでしょう。あとはもちろん町の雰囲気も大事だと思います。買い物する環境や賃貸の周りの人通りや周辺環境など気になる部分はしっかりと見ておくことをお勧めします。

実際見る時ですが、確認する事は収納は十分にあるかや、部屋や水回りはきれいになっているかなど気になる箇所は掃除や修復をしてもらえるのかも確認しておくと良いと思います。実際に部屋を訪れた時、携帯電話の電波も確認しましょう。自分のキャリアのケータイが十分に電波を拾っているか、Wi-fiを利用している場合にはその電波も確認するといいかもしれません。

オススメサイト