賃貸物件を借りる時に発生する敷金や礼金は、初期費用としてはかなりのウエイトを占める金額となります。

賃貸は大切に利用する事

賃貸は大切に利用する事
賃貸は大切に利用する事

賃貸物件の敷金や礼金について

賃貸物件を借りる際には、初期費用がかかります。しかも、初期費用のウエイトとしてかなり占める敷金と礼金は、結構な金額を必要とします。一般的には敷金に関しては家賃の2か月分くらいで、礼金に関しても家賃の2か月分くらいであります。例えば家賃5万円だとすると、前述した敷金や礼金合わせて家賃の4ヵ月分の金額となり、実に20万円ほど必要になってきます。もっと高い家賃の賃貸物件を借りるとなれば、それ以上の金額となります。ですから、初期費用としてはかなりのウエイトを占めているわけであります。

近年の傾向からすると、借りる側もできるだけ賃貸物件を借りる場合には初期費用を節約したいという方が増えてきているので、敷金や礼金をあえて取らないような賃貸物件もあります。ですが、敷金に関しては一旦預けておくお金であり、退去する際に修理代や修繕費を差し引いた額は返還してもらえます。ですから、敷金に関しては、初期費用としては致し方がないと思っている方も実は多くいます。私もこういった考えであります。敷金に関しては、賃貸物件を借りる際の必要経費だと思っています。なお、礼金に関してはこれは支払い損となりますので、初期費用を節約したいならば、礼金はなしの賃貸物件を借りるべきだと思います。

オススメサイト