南向きの賃貸物件は良い部屋とされていますが、メリットがある一方でデメリットも実は存在しています。

賃貸は大切に利用する事

賃貸は大切に利用する事
賃貸は大切に利用する事

南向き賃貸物件のデメリット

南向きの賃貸物件は良い部屋と考えられていますがメリットもデメリットもあるそうです。まずメリットですが当然ながら日当たりがとても良いことです。昼間長時間明るくて暖かく、南側に物干しスペースがあれば早く乾きます。

今度はデメリットですが、南向き=日当たりが良いとは限らないそうです。なぜかというと目の前にビルが隣接していたら、日は入らないからです。マンションであれば、バルコニーの幅によっては日差しがあまり入らないそうです。近くに高い建物があれば、部屋の中が見えてしまい、一日中カーテンをしめることも中にはあるそうです。また生活習慣によっては南向きも悪い方向になってしまうこともあり得ます。朝早く起き、昼間は家に居ないなら明るさ、暖かさをあまり感じられません。乾燥機付き全自動洗濯機を使用し洗濯物を外で干さないならメリットの意味もなくなってしまいます。日当たりが良すぎるのも問題です。ローリングやカーペット、家具に直射日光が当たり、退色しやすかったり電化製品を置くと劣化が早くなることがあります。このように南向きの賃貸物件でもいいことばかりではないようなので自分の生活スタイルに合った物件を考えてみてください。