聞いたことあるが良くわかっていないアパートやマンションなどの賃貸の敷金や礼金などの解説です。

賃貸は大切に利用する事

賃貸は大切に利用する事
賃貸は大切に利用する事

アパートなどの賃貸の前に知っておきたいこと

アパートやマンションなどの賃貸住宅を探す前に知っておきたいことはまず募集条件に載っている用語です。賃料とは毎月払うお金のことで家賃のうち、一番メインとなる料金となります。共益費は共用部分の清掃費用、巡回費用、ゴミ収集費用、管理する上での現場雑費など、自分の部屋だけでなくアパート全体での管理費用にあてられるお金のことです。敷金は契約時に1回支払うお金で、退去後戻ってくることもあります。簡単に言うと預かり金のことです。大家さんが退去時まで保管し、家賃の滞納や入居者の過失による部屋の修繕費用などを回収できない時のリスクを補うための大家さん側の保険のようなものらしいです。

次に礼金です。これは敷金とは異なりこちらは返ってこないお金です。大家さんに対しての感謝の気持ちを包んで渡していた風習が残っているものだと言われていますが、実際には大家さんが退去リフォーム費用にあてているケースが多いようです。そして敷引き。退去時に敷金からいくらか差し引かれるお金のことです。実質的には礼金とほぼ同じことになっています。契約更新の手続き料のようなものです。あらかじめ契約時に定められているお金を契約更新時に支払います。2年契約になっている場合、2年ごとに支払う必要があります。大まかにはこのようなお金関係がありますが他にもたくさんあるのでよく調べてから不動産などに行ったほうが良いと思います。

オススメサイト