賃貸契約書には入居者にとって大切な事項がたくさん書かれています。わからないからと言って読み流してはなりません。

賃貸は大切に利用する事

賃貸は大切に利用する事
賃貸は大切に利用する事

賃貸契約書の確認について

住みたい部屋が見つかって、申し込みをし入居審査を通ったら、いよいよ契約ということに相成ります。賃貸契約書には、入居者にとっての重要事項がたくさん書かれています。それは敷金や礼金の初期費用の金額や、物件の住所、家賃の支払い方法や支払期日、賃料の不払い滞納があった場合の処置、契約期間と更新料の有無や金額など、いずれも入居者にとっては知っておかなければならないことです。その際、契約書特有の難解な言葉づかいで書かれていたり、或いは法律用語がつかわれていたりなど、わからない部分も多くあるはずです。しかしそれをわからないままにしておくのではなく、不動産会社の担当者の人にでもしっかりと確認しておく必要があります。後になって知らなかったでは済まない部分もあるからです。例えば解約通知はいつまでにすればよいのかや、退去時の修繕費についてなど、入居者が知らないと損をすることも契約書にはたくさん記載されているのです。

契約書に書かれていることがわからないということを恥に思う必要はありません。契約書に書かれていることは多くの人がわからないのです。その時知ったかぶりをして読み流すか、しっかりと確認するかが分かれ目となるのです。

オススメサイト