賃貸の連帯保証人のなり手が見つかりにくいご時勢において、連帯保証人会社が果たす役割の大きさを記述しました。

賃貸は大切に利用する事

賃貸は大切に利用する事
賃貸は大切に利用する事

連帯保証人のなり手がいなくても、賃貸物件は借りられます。

賃貸物件を借りる際には、万一借主が家賃の支払いを怠った場合に備えて、代わりに家賃を支払ってもらう「連帯保証人」を必ず用意しなければならないものでした。しかし近頃は連帯保証人になってもらえる人間が周囲にいないという方が増えてきた事もあって、そういった人には「連帯保証人会社」を利用してもらう事によって、部屋を貸すケースが増えてきています。

ちなみに僕も一人暮らしを始める際に両親に思いっ切り反対されてしまったために、結局今の賃貸アパートに入居するのに、連帯保証人会社を利用するより他ありませんでした。確かに5万円の費用を余計に支払わなければならなかったのは正直非常に痛かったですが、無理に頭を下げて保証人になってくれる人を探し回るよりは余程気が楽なので、個人的には本当に有り難い制度だったと現在では大変感謝しています。また貸し手である不動産会社側にとっても、万一僕が家賃を不払いしてしまった際にも、連帯保証人会社に支払っているお金を受け取れるようになっているので、少なくとも家賃の取りっぱぐれは心配しなくても良い訳です。今後日本はドンドン核家族化が進みますし、連帯保証人会社のお世話になる方も、それに比例して間違いなく増える一方でしょう。

オススメサイト